抗がん剤の副作用にはどんなものがあるの?|病気と戦うためには

看護師

種類によって症状が違う

カウンセリング

日本人が発症する病気の中でも、常にトップクラスに入る病気ががんです。がんは、体の中にできた悪性の腫瘍によっていい細胞を破壊させてしまう病気です。肺や胃、食道など体の至るところに腫瘍ができるのも大きな特徴です。発見が早いと治療によって助かる可能性もありますが、遅れると命を落とす危険性が高いです。がんは症状の進行が早いため、少しでも早めに発見することが大事なのです。各地の病院で様々ながん治療が行なわれていますが、最も一般的な治療法が抗がん剤を使った方法だといえます。抗がん剤を管を通して体の中に投与することで、腫瘍を攻撃することができます。腫瘍の働きを低下させることで、少しずつがんの症状を和らげていくというものです。現在では、医療の技術も進み、がん治療の内容もいろいろ変わってきていますので、医師と相談して適切な治療を行なっていきましょう。

抗がん剤は、強い薬なので副作用として体にいろいろな症状が出てしまうことが多いです。また、抗がん剤の種類によっても発症する副作用の症状は異なります。抗がん剤の主な種類は、分子標的薬、アルキル化剤、植物アルカロイド、ホルモン剤、抗がん性抗生物質などといったものがあります。これらの種類によって、それぞれ体に与える影響や副作用の強さが違うのです。抗がん剤を投与することで、起こる副作用には様々なものがあります。病気の症状よりもひどい場合が多いため、とても大変な治療となるでしょう。がんをしっかり克服していくためにも、あらかじめ副作用についても学んでおくことが大事です。

髪の毛が抜けてしまう

診察室

がんの治療薬として使用される抗がん剤ですが、体の投与することで様々な副作用をもたらすと言われています。中でも多い症状が、脱毛です。抗がん剤の成分が毛髪を作る細胞を破壊してしまうため、徐々に抜け落ちてしまうのです。

吐き気や嘔吐も多い

聴診器

抗がん剤によるがん治療を行なうと、体に様々な副作用が出てしまいます。中でも多いのが、吐き気や嘔吐などの症状です。吐き気や嘔吐を少しでも和らげるためには、胃に優しい食事を心がけ、消化を良くしましょう。

感染症を引き起こす

ドクター

がんの治療法の一環として有名なのが、抗がん剤です。しかし、抗がん剤を使用したことで、副作用に苦しんでいる人はたくさんいるでしょう。脱毛や吐き気のほか、感染症にかかるケースもあるのです。