抗がん剤の副作用にはどんなものがあるの?|病気と戦うためには

医者

髪の毛が抜けてしまう

がんなどの病気を克服するための治療法として有名なのが、抗がん剤です。抗がん剤を体の中に投与することで、病気の元となる腫瘍の働きを抑えることができるのです。しかし、一方で抗がん剤を投与することによって体に副作用が出ることが問題となっています。抗がん剤の副作用は病気の症状よりも辛いものが多く、体力のほか気力も奪われてしまうことでしょう。副作用にはいろいろな症状がありますが、特に多いのが「脱毛」の症状です。髪の毛や眉毛などが徐々に抜け落ちてしまうようになり、最終的にはほとんどなくなってしまうのです。特に女性は、髪の毛がなくなることで大きなショックを受けてしまう人が多いでしょう。人目が気になるようになり、外に出ることができなくなる場合もあります。大事な髪の毛が抜けてしまって、そのショックは計り知れないでしょう。

脱毛の副作用は、抗がん剤が体の中の毛母細胞という組織にダメージをもたらしてしまうことが原因です。毛母細胞は、髪の毛や眉毛などの毛髪を成長させるためにとても重要な役割を果たしている組織で、この組織が正常に働かなくなると健康的な毛髪を作ることができなくなってしまうのです。副作用による脱毛の症状は、抗がん剤を投与し始めてからだいたい2〜3週間後くらいに現れます。そして、治療が終わった後の2〜3ヶ月後くらいの時期から徐々に毛髪が生えてくる形になります。抗がん剤の種類によっても、脱毛の副作用が出やすいものとそうでないものがあります。脱毛の副作用が出やすいとされる抗がん剤の種類は、アルキル化剤や代謝拮抗剤、抗がん性抗生物質、植物アルカロイドなどです。